ご挨拶

平成3年4月、認知症(痴呆症)専用施設として誕生した特別養護老人ホームけやき荘は、多床室のみであったため、個室の必要性から、思い切って新型特養(完全個室・ユニット型)に建て替えをし、平成20年8月、けやき荘・本館として新しく生まれ変わりました。

元々の特養は改造をし、居宅サービス・地域密着型サービスの拠点として、平成20年12月、けやき荘居宅サービスステーション(通称・南館)という新たな屋号でスタート致しました。
本館・南館共々どうぞよろしくお願い致します。

荘長 松永宣子

 

運 営 方 針

  1. けやき荘は、法人設立の理念に基づき、施設や居宅における利用者に対し、全職員が、常に敬愛と奉仕の精神を以って誠実な介護に心がけ、「明るく、さわやかに、そしてやさしく」をモットーに、豊かな知識と確かな技術そしてあたたかい人間性”に磨きをかけ、要介護高齢者等の介護にあたる。
  2. 介護保険制度の改正により、介護サービスの供給主体の多様化が進行し、社会福祉法人の存在意義が改めて問われる中、けやき荘は社会福祉事業者として、地域の福祉課題に対応していくために、地域拠点の役割を担い、社会的責任を果たすために、信頼性、透明性のある組織の構築を図るものとする。
  3. けやき荘は介護保険事業者として、「利用者本位」「自立(律)支援」を念頭に、介護予防を重視し、利用者やご家族の意思や希望を尊重した、その人らしい自立に向けた生活を支援するために、各事業の特性と各職種の専門性を駆使し、利用者の”個別性”と”くらし”に視点を置いた、より質の高いサービスを提供するものとする。

 

 

沿 革

平成 2年 9月20日 社会福祉法人こもれび会設立
平成 3年 4月12日 特別養護老人ホームけやき荘開設 50床
平成 3年 8月15日 在宅老人短期保護事業(ショートステイ)開始20床
平成 3年 9月 2日 在宅老人デイサービス事業開始(基本型)B型
平成 5年 4月 1日 在宅老人デイサービス事業種目変更(基本型〜重度型)A型
種目変更による訪問入浴・配食サービスの開始
平成 5年10月 1日 在宅介護支援センター開設
平成 6年 1月 4日 老人居宅介護(ホームヘルプサービス)開始
平成11年10月 1日 居宅介護支援事業の開始
平成12年 4月 1日 介護保険制度の導入により事業名の一部変更
平成18年 4月 1日 障害者福祉事業(居宅介護)の開始
平成19年 7月 1日 認知症対応型通所介護事業の開始
平成20年 8月 1日 特別養護老人ホームとショートステイを個室・ユニット型へ変更
平成20年12月 1日 けやき荘居宅サービスステーションにて居宅サービスを事業再開
小規模多機能型居宅介護事業の開始
平成21年 4月 1日 佐賀市川副地域包括支援センター開設(市の委託事業)
平成21年 6月 1日 認知症対応型共同生活介護事業の開始